So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

小学校卒業しました!…で、まさかの出来事2

この間の続き~

卒業式の真っ最中、

またまた、視界から、消えてしまいました。
うちのお兄ちゃん…。

やっぱり、気分が悪かったのか…。
それにしても、やはり、あまりにも周りが動じていない。

ど、どうしよう。
まさか私たち以外誰も気づいていないなんてこと…ないよね?
動けない…。
いや!動くべきなのかな。
もしかして、
誰にも気づかれないまま、一人でそこで倒れてる…?
なんてことないよね?
やっぱり、ここから脱出して、どなたか先生に声をかけたほうが良い?

とか、さらにわけがわからなくなっていると、
もう一つ、頭が消えていきました…。

わ、やっぱりうちだけでもないんだ。

あ、一人、先生が裏に行かれた…。

と、ちょっとほっとしたところで、

お兄ちゃん、復活。

その顔は…、

涙でぐちゃぐちゃでした。

崩れんばかりに、一人だけ、泣いてる…。

そこからはもう、解散になる最後の最後まで、
ず~っと激しく泣き続けで、大目立ちしていました。
誰が見ても、本日の泣き虫ナンバー1!

全て終わって、迎えに行くと、
「全部歌えなかった~!
それに、ほとんど皆同じ中学校だけど、あいつは別の学校に行くんやで~。」と
ワーワー泣いていて、
まわりの皆に笑われて。

「なんで?急にいなくなって、びっくりするじゃない!
どうしたの?」
と聞くと、

「そりゃ、緊張しすぎて、気持ち悪くなった~。」って。

「練習の時から、いっつもああなってた。
先生が気分が悪くなったら座れ、って言ってたから。」

「いつも、って、なんで?
朝、ごはんちゃんと食べてたよね。
具合が悪かった?
お腹でも痛かった?」

「違う。違う。緊張しただけや。
いっつも、5年生の歌が始まったらなるねん。いつものことや。」

………
…ん~……そんなものなの?
緊張、って。

お父さんは、
「違う。長すぎるねん。
何曲、歌ってるねん。多すぎる。
やりすぎや。」と言うけれど、

他の圧倒的多数は、みんな大丈夫で、
その場を楽しんで、完全燃焼していた感じ、だったけどなぁ。

そんな、緊張して、気分が悪くなって、立っていられない…なんて…、
わからないなぁ。
いっつも、って練習の時から、毎回緊張?

いや!
やっぱり太りすぎじゃないのぉ?
運動不足
体力なさすぎ。

周りの大人たちは、
「大丈夫。中学生になったら、背も伸びるし、きっと痩せるよ。」
と言ってくれるけど、
やっぱり、これは春休みのうちに、なんとか運動させる方法を考えないとな~。
中学生になったら…、
じゃなく!
明日にでも走らせなくちゃ!!

と思う母なのでした。

ま、とにかく、仮に緊張だったとしても、
精神的にそんな弱かったら、
来るべき受験戦争に勝ち抜けないじゃないか~。
あぁ、先が思いやられる…。

どちらにしても、
なんとかして、お兄ちゃんを鍛えなくちゃ!!

まだまだ、

やっぱり、


お兄ちゃんからは、目が離せない!!


と思い知った雨の1日でした。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

小学校卒業しました!…で、まさかの出来事1

え~どんな顔して出てきたら良いのやら…


…なのですが…、

いや!
ここはさりげなく…知らぬふりして…(^^ゞ
始めましょう。

え~、んっっ!こほん!!

うちのお兄ちゃん、とうとう小学校を卒業いたしました!!(^O^)/

で、一昨日が卒業式。

幼いころより、涙腺が異常に弱く、
お兄ちゃんの幼稚園の卒園式は予行で、号泣。
嗚咽を堪えるのに苦労した過去を持つ母は、
大きめタオルハンカチを握りしめ出かけたのでした。

卒業生入場で、デーン!とふっくらお腹で得意げに現れたお兄ちゃんに、

「よし。だらしない感じになっていないな。ズボンの長さは…う~、まぁよし。
あ~ネクタイだけでも買っといて良かった~。
そう言えば、1年生の入学式の時は、ブランドもののスーツを着せたけど、
シャツが出て、とてもそうは見えない残念!な状態だったなぁ。」

と意外に冷静で、
「今回は大丈夫かも。
いや、でもこれからいろいろな演出もあるし、泣いちゃうんだろうなぁ。」
と思っていました。
『卒業式』ですからね。

卒業証書授与の頃から、じわーっと…。
一筋、一筋流れる涙をまぁ、あえて拭わずに、見ていたわけです。

で、卒業生全員が、ひな壇に上がって、
お別れの言葉や、歌を歌う、という大イベントが始まりました。
ここは、お兄ちゃんが部屋の床に放ってあったシナリオを拾って読んでいる時から、
泣けてきて仕方がなかったところで、
やはり、あふれる涙を抑えきれなくなってきました。
みんな、しっかりとそれぞれの台詞を語り、大きな声で歌い、
一つにまとまっていて、子どもたちの力を感じました。

「あ~これはダメだぁ~。ハンカチ、ハンカチ。」と
コートのポケットに入れたはずのハンカチを探してごそごそしておりました。
やっと見つけて、顔を上げると、
隣に座っていたお父さんが耳元で一言。


「お兄ちゃんがおれへん…。」


「は?何のこと?おれへん、って。
お兄ちゃんはほら、1番後の列のあの辺の…。」

「…え………、…いない…。」

え~!!なんで~!?
さっきまで、いたよね?
こんな途中で、どこへ?
しばし、状況が読めませんでした。

もしかしたら、倒れた?
でも、周りの子どもたちも、先生方も変わった様子は見られないし、
お兄ちゃんがいたところだけ、ぽっかり空いている…。

いや!お兄ちゃんのことだから、
まさかとは思うけど、トイレ…とか…。

頭がぐるぐるだし、何が起こったかわからないのに式の途中で動けないし、
茫然とお兄ちゃんのいるはずのところを見つめておりました。

1曲、終わって少しすると、
…お兄ちゃんの顔が、ひょっこり復活…。
あ~やっぱり顔色が悪いような…。
でも、しっかり歌ってる…ように見える…。
やっぱりトイレだった?
あ~、お兄ちゃんはただでは終わってくれないなぁ。
やっぱり。
とにかく復活してくれて良かった。
後で聞かなきゃ。
倒れるったって、朝はしっかり2人前食べて行ったはず。

と思っていると、
今度ははっきり見えました。

お兄ちゃんがスローモーションで、しゃがんでいくのが。


…つづきは、また…。
nice!(4)  コメント(3) 
共通テーマ:育児

とうとう6年生!!

…です。
誰?って…

お兄ちゃんですよぉ。

ど、ど、ど、どうしましょう…。

おろおろするばかりです。

いつからこのブログ、始めたんでしたっけ…。
お兄ちゃんが、1年生…だったような気がするのですが、気のせいかな?

赤ん坊も、もう4歳。
幼稚園の年中さんになりました。

しばらくぼーっと、
いや!
ぅわぁ~!ギャー!やってるうちに、時間だけが過ぎてしまったっ!!

まるで、プチタイムスリップしてしまったような気が…。
今、何年だっけ?

お話したいことは、山ほどあるのだけれど、
本気で目まいがしてきました。

相変わらずの、我が家のすったもんだは、また聞いて下さいね~。





nice!(3)  コメント(3) 
共通テーマ:育児

先ほどまで、家出中...(25日早朝現在)

ワタクシ、母、○○歳。
(と、年を書こうとして、ど~してもストレートに書けなかった...)

つい何時間か前まで、夜中に4歳児を連れて、


家出中...でした。


喧嘩の相手は...「夫、○○歳。(なんで書けないんだ!>自分)」

ではなく...


...お兄ちゃん、10歳...。


はぁ~...orz...。


お兄ちゃんと喧嘩することぐらい、疲れることはない...。

...何言ってるんだかわからないんだもんっ!!

喧嘩なんですよね~。これが。

いつもの如く、
あり得ないこと、やってくれたお兄ちゃんを叱っていたら...、

興奮したお兄ちゃんが、
泣きながら、
自分を肯定しようとして、
...なぜか...、

...どんどん自分の他にやらかしたことまで、べラベラ語り始め、
それにさらに母がキーッ!となり、
それに対して、本人的には筋が通っているんだろうけど、
母には、「どこから、その話が...!」としか思えないようなことを、
大声で言い返してくる...。

全く教育的要素のない会話、いやいや怒鳴りあいでしかなくなってしまって...

「そんなにわからないこと言うんなら出て行け~!」

「いやだ!そんなこと言うなら、お母さんが出て行け~!」

「なぁにぃ~!?わかった。出て行くわ!」

「いつもそんなこと言って、出て行かないじゃないか。うそつき!」

と言うので、本当に出てみました。


「いやだ~!お母さん出て行かないでぇ~。」と泣き叫ぶ娘を連れて。

さっきまで、違う部屋で大人しくしていた娘が「出て行く」に反応。
聞いていたんだねぇ。ごめんごめん。
「じゃ、お母さんとおいしいもの食べに行こう。」
に、こくりとうなづいて、泣き止みました。


いつもならねぇ。
玄関先で出ようとする母に、
お兄ちゃんが「ごめんなさい~!!」と泣きすがって、おしまい...。
なのですが、

今回ばかりは、お兄ちゃんも引き止めたりしません。
言っていることは、かなりおかしい、
とは言え、エラそうに大声で口答えしたりして、
人のあげ足取ろうとしたりして、

...いやぁ、あっぱれ。

外から電話したら、
「なに?用がないなら電話しないで。」
ときました。

...いやいや、大分頑張れるようになってきましたね。

もちろん!!めちゃくちゃ腹はたっておりますが!

難しい年頃になってきたんだなぁ。
結局のところ、人の話は聞いてないんだろうし、
これからどう対応していったらいいのかなぁ。

ちょっと肌寒い夜の道を、
小さな手をひいててくてく歩きながら、つらつら考える母なのでした。
(あーこの季節で良かった。
冬だったら絶対こんな時間に外にでるもんか~っ!)
nice!(4)  コメント(4) 
共通テーマ:育児

まさかうちの子が...

うちのお兄ちゃん...。

5年生になりました。(ってあと半年で6年!?)
やはり、5年生ともなると、

ひたすら...


でかいっ!!
いつのまにか、びっくりするほど大きくなって...
体重はもう母を超えました。

そして、最近気付いて、最高に驚いたのは...

まさか、自分の子が、
まさか、うちの子が、


ジャイアン体型になろうとは...orz


たくさんの小学生の中に、
体操服姿のお兄ちゃんを放り込むと...まさしく!

でっぱったお腹に、つんつるてん(わかります?)の体操服。
(ちょっと前に買い換えたばかりのはずなのに...(/_;))
重たそうな身体でドスドス走っております。

で、ね。
顔は、童顔なんですよ。
どんぐりまなこでバシバシのまつげ。

バランス悪いったら!

「クローズアップ!」

なら、「まだまだかわいい小学生ね。」
なのに...

カメラ、引いて!ロングで!」

となると、
正しくメタボリック!!のおじさん...。

はぁ~。一生懸命大きくしたら、
気がついたら!

まぁ、元気ならいいか...。
いや、元気...なの?
もっと真剣に食事考えてやらなくちゃ...。


でね、この巨体で甘えてきます。
抱きついてきますよ。
まだ小学生ですからね~。

かわいい大事な息子です。

でもね...

「うわぁ~!あんまり寄ってこないで~。
重たいし、と、鳥肌が~!!」

と叫んでしまう、ひどい母なのでした。
nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:育児
前の5件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。