So-net無料ブログ作成
検索選択

いじめのめ ~先生への手紙~

久~しぶりに出てきて、
こういうお話は、どうか...とも思ったし、書かないでおこうと思ったのですが、
やはり書かずにはいられない。

この間、と言っても1ヶ月以上も前のことですが...
お兄ちゃんの担任の先生にお手紙を書いて、持たせました。
そのまんま、です。

-------------------------------------------------------------------------------------------------

いつもお世話になり、ありがとうございます。

2学期が始まってから、事あるごとに、「学校に行きたくないな。」と言うようになりました。
夏休みの休み癖が付いてしまっているのかと思い、厳しく叱ったところ、
泣きながら、堰を切ったように、話し始めました。

「僕は我慢している。ずーっとずっと我慢しているんや。我慢して学校に行っているのに。」

一部の人たちを除いて、クラスのみんなが、女の子も男の子も、
自分の事を「臭い。」と言う。
「毎日ちゃんとお風呂に入っている。」と言っても
「ウソだ!」と言って信じてくれない。
大好きな○○くんも、僕のこと、そう言う。大好きだったのに、もうそう思えないようになりそう。
僕のこと、そんな風に言わない○○くんと同じ組だったら良かった。
ずっと前から、2年生のときから、ずっと言われてる。
最初は、僕が汗臭いのかな、と思っていたけれど。
自分以外にも二人、同じように言われている人がいる。

とのことでした。

多少の諍いはあっても、お友達が大好きで、楽しく学校で過ごしているとばかり思っていましたので、
どう受け止めてやれば良いのかわからず、抱きしめてやるばかりでした。

本当に、ほぼ毎日お風呂には入っていますし、
身につけるものも、必ず、洗濯をした清潔なものを、毎日着替えさせていますし、
子ども特有の、汗臭さや、学校の匂い等は、感じていましたが、
他のお子さんと比べて、息子が特別臭いと思ったことはありませんから、不思議でなりません。
信じられない気持ちでいっぱいです。

先生はどう思われますか?
学校で息子の傍によると、特別臭いですか?

同じ家で毎日生活している人間なので、わからないのかもしれない、と思い、
同じクラスのお友達のお母様にお願いして、さりげなくお子さんに聞いてみて頂きました。
そのお友達は、「臭い、なんてことはない。臭いから言われているわけではないと思う。」と言っていたそうです。

息子が、いつもお友達の間で、軽く見られている、悪く言えば、バカにされている、
と言う事は、学校の内外で、たまに見かける様子でわかっていました。
本人にも、幼くて、拙くて、だらしないところや、お行儀の良くないところ、正しく言葉で表現しきれないところ、
があって、多少のことは、止むを得ない、と思っていました。
本人も、たまにポロッとこぼすことはありましたが、すぐ忘れて遊んでいたりするので、
できるだけおおらかに考えよう、深く考えないようにしようと思っていましたが、
こればかりは、見逃せません。

本人は、何気なく、明るく振舞って、
笑われることが良いことのように思っているようなところもありますが、
こういうことには、確実に傷ついています。
「学校の中での自分」というものにどんどん自信を失くしていっているのは、
毎日の生活の中で気付いていました。

言っている子ども達のなかには、一緒になって、言わないと、自分が言われるかもしれない...
と思って同調している人もいると思いますし、本気ではない人もいるでしょう。
でも、その言葉を言うことによって、相手がどんな風に傷つくか、
もし、そんな言葉を自分が言われたら、どう感じるか、
を考えてみてもらいたいと思います。
「そういうことは言ってはいけない。」ではなく、
なぜいけないのか。
誰もがいつでも口にできる言葉というものの力について、
クラスみんなで考える機会を作っていただけたら...と思います。


nice!(0)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

nice! 0

コメント 5

こにゃ

あ~・・・せつないです。
なんて書いたらいいか、言葉が見つかりませんが、
いい方向に動き出してくれることを祈っています。
この手紙、悩んで書かれたんでしょうね・・・。
気持ちがいっぱい詰まっているけど、押し付けがましくなくて私は好きです。
想いが届きますように!!
by こにゃ (2006-11-08 10:07) 

ちゅーこ

 まずは、おにいちゃんが、まごまごさんに自分の気持ちをお話できたこと、ほっとしました。ずっと我慢していたんだね。パソの前で涙がでました。
 うちの1年生の息子、お友達のことを「あの人、変だよ~!だから仲間に入れてあげない!」そんな言葉を口にするようになりました。その都度、注意をし、自分が言われた時の気持ちを考えてごらんと話します。「皆もそう言ってるから」自分も言ってしまうようです。
 ですので、おにいちゃんのことも、きっと皆が言うから・・と考えナシに言っている子が多いのでしょうね。
 まごまごさんの手紙をきっかけに、クラスのお友達皆が言われた人の気持ちを考えられるようになることを祈るばかりです。そして、おにいちゃんの心の傷が少しでもいえますように。まごまごさんも大変だとは思いますが、なんとか乗り切ってくださいね。家族が手をつないでいれば、きっと乗り越えていける!信じています。
by ちゅーこ (2006-11-08 12:44) 

ちゅーこ

 続けてのコメントで失礼しますm(__)m
まごまごさんのお手紙を読んでから、ずっと考えさせられていました。
もし、うちの息子がおにいちゃんと同じクラスで、先生がこのお手紙を読んでクラスで話し合われ、それを息子から聞いたとしたら・・そんな親の立場での気持ちを記事にしました。
 一ヶ月以上前のお話ということなので、すでに解決されていることを願っていますが、まごまごさんの記事で改めて気付かされたことがありました。ありがとうございました。
by ちゅーこ (2006-11-10 09:34) 

じゅんぺい

びっくりしました。言葉が見つかりません。
低学年だから…本当に考えなしにやってしまっていることなんでしょう。
ちゅーこさんが書かれていましたが、お兄ちゃん、お母さんに伝えることが
できて本当によかった。
このお手紙、とっても気持ちが伝わります。必ず先生にもお友達にも伝わると信じています。
by じゅんぺい (2006-11-10 14:38) 

まごまご

みなさま、こんなたまにしか、出てこない私なのに、
早速のあたたかいお言葉、有難うございます。
その時はいろいろな気持ちが渦巻いていて、
涙なんか出なかったのに、今、涙しております。
本当に、ありがたい...です。

こにゃさん
ありがとうございます。
前からぽろっとこぼすこともあったので、わかってはいたのですが、
今回はショックでした。
こういう時、どうしてやればいいのか...。
やっぱりこういう方法しか思いつかなくて。
私としては、一生懸命書いたのですが、伝わったかどうか...。
そう言って頂けると、うれしいです。

ちゅーこさん
いっぱい考えて下さったんですね。ありがとうございます。
お兄ちゃんのこの件があってから、
なんだか急に続々とテレビや新聞でも、
こういった記事が増えてきました。
書かないでおこうと思っていたのですが、
そういった報道がみんな似たり寄ったりで、何か違うな~、
と感じるところがあって、
こんな時の親の気持ち、考えを今書いておこうと思いました。
特別なことでなく、きっと誰もがそういう場面に遭遇すると思うんです。
何かの参考になれば...と思っています。

じゅんぺいさん
ご心配をおかけして、すみません。
今のところは、そんなに深刻な事態でなく、
あれからも元気に学校に通っています。
ただ、こういうことは見えにくいところで、
だらだらと静かに続くような気がしています。
簡単な問題ではないようです。
by まごまご (2006-11-11 07:37) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。